東欧靴の雄、VASSを購入する:購入時レビュー

VASS

国内正規価格15万円オーバーのVASS。
正直この値付けは狂気の沙汰かと思いますが、クオリティはそれ相応、いやそれ以上かもしれません。

今やドレスシューズラヴァ―の間では新たな選択肢としてかなり浸透してきました。
僕が購入したときは個人輸入のハードルは今ほど低くなく、VASS側も準備が出来ていなかったため少々苦戦を強いられました。
購入費用も8万円ほどでしたが、今や更にその半値で手に入れられるといっても過言ではありませんね。

 

◆VASS 3アイレットVフロント

model:Fラスト 3アイレット プレーントゥ

collar:ミュージアムカーフ グレー

size:40.5

sole:レザー(レンデンバッハソール)

 

このモデルは当時VASSでは代表的ともいえるデザインでした。
グレーのミュージアムカーフはラインナップに無く特注でしたが、3アイレット自体は日本にも少量入っており、さがせば試着もできます。
探す労力と見つけた場所に移動する労力があるので、僕は早々にあきらめネットの情報や先人のご意見を伺いフィッティングしました。

かなりタイトフィットですがそれを承知で購入したので良かったです。

 

◆ディティール

細かく見ていきましょう。
Fラストはご覧の通り、ツイステッドラスト。
ねじれたデザインはビスポークによくみられる意匠です。

歩行に適したねじれ具合とのことですが……実際どう作用しているかはわかりません。
そもそもこの手のビスポーク仕様を既製品に落とし込むと人を選びます。
拘る方は皺の入り方等雰囲気が違うものになるかもしれませんね。
僕は皺も味なのであまりこだわりませんが……。

グレーのミュージアムカーフはさすがに美しいですね。
この大理石のような配色にブラウンとしても使える色味は国内既成ではまずお目にかかれません。

 

ソールはレンデンバッハ。
耐久性は折り紙付きです。
歩くときの質感もとてもいい。フワフワしてます。

ヒドゥンチャネルですが、VASSのそれはかなり低いクオリティ。
別にヒドゥンチャネルにしなくてもいいのでは?

 

◆まとめ

フィッティング等は別記事で紹介しますが、今回は靴そのもののディティールでした。
VASSは個人輸入を請け負う方もおられたり、ニッチながらもかなり人気のあるブランドになりましたね。

クオリティを見るに、「既成靴の最高峰」の呼び名は伊達ではないでしょう。

コメント

  1. […] 東欧靴の雄、VASSを購入する:購入時レビュー革質は良し。ベヴェルドウエ… […]

  2. […] 東欧靴の雄、VASSを購入する:購入時レビュー革質は良し。ベヴェルドウエ… […]

  3. […] 東欧靴の雄、VASSを購入する:購入時レビュー革質は良し。ベヴェルドウエ… […]

  4. […] 東欧靴の雄、VASSを購入する:購入時レビュー革質は良し。ベヴェルドウエ… […]

タイトルとURLをコピーしました