オーダースーツに迷う。:COL神戸

スーツ

オーダーしたスーツはもうすぐ完成ですが、おさらいがてら注文編です。
訪問編はこちら。

 

◆オーダーした店舗は?

前回は散々迷ってましたが、記事の写真とタイトルが答えですね。笑
今回はCOL神戸に決めました。

神戸には紳士にとっての名店がたくさんありますが、このCOL神戸はその中でもひと際存在感を放っていますね。
兼ねてより「いつかは……」と考えておりましたが、とうとうオーダーを決めました。

 

◆COL神戸?

店名は「コルウ」と読みます。

神戸・元町でオーダースーツを仕立てるなら|株式会社コルウ

元町駅からほど近くにあるこの店舗はアトリエも兼ねているそうです。
店内にはところせましとインポートブランドの既製服やオーダーサンプル品が。
このCOL神戸ではスーツだけでなく、シャツ、靴、ベルト、革小物やバッグなど、多岐にわたりオーダーが可能です。
しかも2足の草鞋というわけではなく、それぞれ超一流のスペシャリストの逸品。
それぞれ独立したビスポーク職人に依頼されます。
職人の世界において横のつながりは信頼の証ですね。

 

◆今回のオーダー

下の針が刺さっている生地が今回のオーダー。

今回はカルロ・バルベラのLA LUCEからチャコールグレーヘリンボーンで。
生地選びはオーダースーツにおいて重要な要素ですが、個人的にはとても選びやすかったです。

僕のような勉強中の身では、イメージ通りオーダーするのは得てして難しいものですが、知識に富んだスタッフの方が的確にアドバイスをくれます。
驚いたのは、以前他店でビスポークしたジャケットがすぐに傷んでしまったことを相談しアドバイスをもらおうとしたところ、見せてもいないのに傷んだ箇所は「右の脇」と言い当てられました。
まだメジャーもあてていない僕の体型を既に把握していて、その癖から推理したようです。

ちょっとビビりますね。笑

 

また今回オーダーしたのは「ス ミズーラ」。所謂パターンオーダーです。
ディティールについては仕上がり次第レビューと共にお伝えします。

 

◆注文編:まとめ

神戸の名門テーラーのス ミズーラ。
納期は1カ月半で、この記事を書いている今は既に1カ月と一週間が経過してます。
仕上がりが楽しみですが、既に次の構想が頭を過ります……。

次のレビュー記事は、新たな注文編とセットかも知れませんね。笑


コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました