オーダースーツに迷う:COL神戸のスーツとは?

スーツ

散々迷いに迷った今回のスーツ。
いよいよ完成しましたので、レビュー編です。
次の記事の着用編で完結となります。お付き合いください。

ちなみにレビュー編ということもあり写真多めです。

 

◆これまでのあらすじ

「訪問編」では、様々な店舗に足を運びお話を伺ったり、袖を通したりしました。
なんかかなり経験値が上がった気がします。

記事はこちら。↓

 

そして店舗を決めたら注文編です。
より濃密に紳士服について伺うことが出来ました。

記事はこちら。↓


◆完成したスーツ。(ス ミズーラ)

こちらが全体像。
生地はご紹介済みですが、カルロバルベラのチャコールグレーヘリンボーン。
そこまで主張しすぎない柄が魅力的です。
このスーツ、着たときに本当に感動しました。
見た目はある程度構築的なのに、とても軽やか。
今回はノーベントなので、多少動きにくさはありますが立ち姿は映えます。

着心地については着用編でレビューしますが、もはや素晴らしいの一言です。

ちなみに「ス・ミズーラ」とはパターンオーダーのことです。
どうも厳密にス・ミズーラとビスポークに大きな意味合いの違いは無いようですが、ビスポーク=フルオーダー、ス・ミズーラ=パターンオーダーとして定着しているところが多いです。

 



ポケットはフラップ無し。
出し入れするのが面倒になりました。笑
仕付け糸もつけたままにしてもらおうかと思いましたが、さすがに切ってもらいました。

 


タグは絶対につけてもらう派です。
super140は個人的には使いやすいです。まあsuper表記だけではよくわかりませんが。

 

COLのロゴも。これも個人的には必須ですね。

 

目立ちませんが、日付です。
目立たないバランスが良いですね。
この日付は仕立て上がりではなく、オーダー日です。大きな意味はありませんが購入した日がわかるとなぜか愛着が増す気がします。

 

ボタンは本水牛。
COLでは標準オプションで選ぶことができます。
このボタン、かなり気に入っていて、今後これでいいんじゃないかと思います。

 

 

本切羽も標準オプションです。
特に外すことはありませんが、拘りたいポイントだけにありがたいです。

襟裏の雰囲気。
しっかりつくりこまれてますね。

 

こちらはトラウザーズですが、ボタンフライの仕様です。
クラシックな印象でとても気に入ってます。

忙しい朝に億劫になる心配もありましたが、しっかり根巻きされていたので簡単につけ外しできます。
いや、ファスナーの方が圧倒的に楽ですけどね。ロマンです。

 

「根巻き」の画像です。
ボタンが立つことによって楽に付け外しができます。

 

 

◆まとめ

今回は画像多めでおおくり致しました。
クオリティの高さが伝われば幸いです。

とはいえ着てこそのオーダースーツ。
着用編では徹底的に着心地をレビューします。

ご期待ください。

ハンガー、かっこよくないですか?

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました